Jin's 超級市場 弐号店

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和のお菓子「シベリア」

<<   作成日時 : 2013/10/05 11:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

テレビでみたんですよ、このお菓子を。
喫煙シーンで物議を醸している宮崎駿監督作品『風立ちぬ』に出てくるんだそうですね。
映画の影響で「シベリア」を出すパン屋さんが注目されているのだとか。

先週の木曜日にマックスバリュで売ってたんです。
その時は空腹のあまり、写真もとらずに包装をやぶり捨て、バクバクとかじりついたので、
blog記事にできないなーと思っていたら、今週、ふとパンコーナーをみたらあったんで、即、購入!

これが羊羹をカステラでサンドしたお菓子「シベリア」です。
画像


なんか、もう、、、ねー、、
想像した通りの味なんです、想像を絶対に裏切らない味なんですよ。
まんまカステラと羊羹の味。

なんで「シベリア」という名前なのか諸説あって、、

1.「シベリア」の断面部分が,遠くロシアのシベリアの凍土を連想させるから
2.同様に断面部分が,シベリア鉄道の線路及び機関車を連想させるから

だそうで、昭和初期の頃、子供が食べたいおやつのNo.1だったとありますね。。

珍しいんで実家の母にもおすそ分けしてきましたが、なんの感想もなくただモシャモシャ食べてましたね。(^^;

(2013.10.03購入)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昭和のお菓子「シベリア」 Jin's 超級市場 弐号店/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる