テーマ:温泉

「飯坂温泉ホテル聚楽(じゅらく)」

翌日の月曜日が会社の休業日だったので前々から休みの予定を練ってはいたのですが、 日ごろの疲れもあり、あまり移動に時間をかけずにレジャー気分を味わえるところとして、 「飯坂温泉ホテルじゅらく」へ行ってみることにしました。 天気は雨でちょっと温泉街で時間をつぶすのもあまりやりたくない感じ。 チェックインの20分前にホテルに到…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野川温泉「やな川屋旅館」

小野川ほたる祭りの晩の定宿「やな川屋旅館」さんです。 今年もGW明けに予約の電話をして素泊まりでお世話になりました。 チェックインで女将は私の顔をみるなり「◎◎様ですねー、お部屋は”こぶし”です」と。 勝手知ったる2階奥の角部屋へGO。 途中の廊下にある冷蔵庫へ持ち込みのお茶やアルコールを格納。 慣れたものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「沼木温泉 辻ヶ花」

山形市内で1時間とちょっと暇をつぶさなくてはならなくなり、こーゆー時は温泉だ!と むかった先の百目鬼温泉さんがお休みだったもので、急きょ近くの日帰り入浴施設を検索。 あるじゃん「沼木温泉 辻ヶ花」さん。 以前ローカルテレビの情報番組で施設OPENの時の映像見たことある。 2010年にOPENした新しい温泉施設ですね。 田ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵王温泉 日帰り温泉 すのこの湯 かわらや

ひさしぶりに蔵王温泉へ。 すのこになっている湯船の床から源泉が自噴する「すのこの湯」さんへ行ってきました。 自噴したての温泉なのでお湯の色は白濁してはいません。 湧き出たばかりの新鮮な温泉♪ ビリビリと熱い温泉が冷えた手先足先をじんじんと刺激してきます。 あーーーーーーーーーっきもぢいぃーーー! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形市「百目鬼温泉」

解放的すぎる露天風呂が大好きな「百目鬼温泉」。 平日だというのに人が多かったです。 最近自動給湯の家庭風呂のぬるーい湯温に不満だった私、この日の内風呂は熱めのお湯で大満足。 お風呂上りは帰りの高畠まで身体がポッカポカ♪ 「百目鬼(どめき)温泉」 山形県山形市百目鬼42-1 TEL:023-645-9033 営業時間:6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小町の湯 やまぼうし」

小野川温泉地内の「かまくら村」を見学した後に、温泉に入りに赤芝の「やまぼうし」さんへ。 かなり久しぶりにきました。 受付で料金を支払ったらサービスで温泉玉子を1個頂きました。 実家に寄ったときにあげてきたんだけど、塩味の付いた固ゆで玉子だったそうです。 あら、男女で浴室を入れ替えされたようです。 建物に入って右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小野川保養センター」

1時間以上外にいて冷え切り、さらには火渡りで燻されましたので、笹野観音の後に 小野川温泉吾妻荘の別館の温泉保養センターにお風呂に行ってきました。 相変わらず 玄関で何度も「ごめんくださーい!ごめんくださーい!ごめんくださーい!」と呼びかけても、 誰も出てこなかったので、玄関先の壺に400円を投入して貸切風呂へ。 熱すぎずぬる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形市「百目鬼温泉」

山形市内でお買い物をしていたのですが、ちょっと時間が空いたので、 時間潰しの為、温泉入浴をすることに。 100円ショップでタオルを購入して「百目鬼温泉」へ。 時折みぞれがふる日寒い日であったまるのにちょうどいい。 内湯のカランで身体を洗ってから露天風呂へ。 ここの露天が好きなんですよね、解放的すぎる露天。www 人がいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天然温泉 青葉の湯 ドーミーインANNEX」

仙台へ泊りの祭によく利用するのがビジネスホテル『ドーミーイン』さんです。 広瀬通りに面している「ドーミーインANNEX」にお世話になりました。 何と言っても地下1200mから湧いている天然温泉の大浴場がいいんです。 泉質はナトリウムが強くて、濃い塩味がします。 太古の海の時代の温泉が現に湧いているだろうなと思いをはせなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野地温泉ホテル」

夏季休暇(8/9)のこと。 野地温泉ホテルの白濁の温泉に行ってきました。 ちょうどお昼の時間帯に到着したのですが、この日は一番好きな檜風呂の「千寿の湯」が 15時までお掃除で入れませんでした、残念 まずは小雨降る中、露天風呂の「鬼面の湯」へ。 雨なので外気温は涼しいし日焼けの心配も要らず、露天風呂日和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おいたま温泉 賜の湯」

ここ数年、初夏から夏にかけて仕事が忙しくなります。 7月が疲れのピークで、平日に溜まったが一気にドッとでてきて、休日に布団から離れられない場合があります。 この日(7/29)も布団の中でウダウダしていたのですが、思いきって起きだして「賜の湯」へ行ってみました。 目的は”砂むし風呂”、汗と一緒に体の中の老廃物を出し切りたい! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野川温泉「やな川屋旅館」

今年の小野川ほたる祭りの晩も「やな川屋旅館」さん素泊まりでお世話になりました。 宿の女将はしっかり私の顔と名前を憶えているようで、顔をみるとすぐさま 「◎◎様ですねー、お部屋は”こぶし”です!」と。www お部屋はいつもの2F自炊練の一番奥の角部屋のようなので、自分たちだけで移動しました。 途中の廊下にある冷蔵庫のコンセント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野地温泉ホテル」

福島市で温泉といったら私はココ「野地温泉」が大好き。 硫黄の香りがする乳白色のお湯、たまらん! お宿に着いたのが14時位だったのですが日帰り入浴は「15時で退出」になったそうです。 あれー以前は16時まで入れていたのになー。 1か所集中ってことで「千寿の湯」1本に絞ってのんびり入浴を楽しみました♪ 湯船が3漕に区切られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白布温泉「東屋旅館」

結婚して横浜市民になったペンさんが、旦那さんと一緒に今年も米沢に遊びにきてくれました。 彼女のリクエストで温泉にお連れすることに。 江戸っ子の旦那さんが喜ぶかしらと思い、白布温泉の「東屋旅館」 さんへお連れしました。 そー言えば自分も温泉入るのひさしぶりかもー。 米沢市内は夏日で暑かったのですが、白布は下界よりも4~5℃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2016銀山温泉の旅】銀山温泉 能登屋旅館(お食事編)

久しぶりの旅館のお夕食、今回はお部屋食でした。 夕の膳はとっても品数豊富。 飲み物は生ビール中で。 先付けはマコモダケと輪切りのズッキーニを煮浸しにいくらを添えたもの。 アケビみそと栗となんだっけコレ。 松茸と水菜の和えたもの。 煮物は「鯉の甘露煮」 海の遠い尾花沢では鯉の甘煮を食べるん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2016銀山温泉の旅】銀山温泉能登屋旅館(お部屋・お風呂編)

銀山温泉のシンボルともいえる木造4層の建物「能登屋旅館」さんです。 観光客やよその旅館の浴衣を着た人も必ず能登屋さんの前で写真を撮っていきます。 2013年の中学同級生との旅行の時もこちらのお宿に泊まりましたが、 とーっても気に入ったのでリピです。 その木造旧館4階にある談話室はとってもレトロで趣があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野川温泉 二階堂旅館

過日(7/27)ひさびさに有給休暇取得した日、旦那を会社に送り届けたその足で 小野川温泉へ行ってみました。 朝の8時から入浴できる処なんて共同浴場と二階堂旅館さんくらいじゃぁないかしら。 まずは女風呂へ行って洗髪して身体を洗いました。 シャワー付きのカランは1か所のみ、浴場内にはボディソープ3本、リンスインシャンプー1本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯めぐり④ 蔵王温泉 共同浴場「下湯」

朝の湯めぐり3軒目は「下湯」。 ここは「上湯」と同じ源泉をひいています。 ここは私ひとりで貸切状態でした。 ここのお風呂が何となくひとりで落ちつける感じがするんですよね。 なぜだか誰もこなそーな雰囲気がして。wwww 太陽を背にして日陰で暗いせいなのかな。 「蔵王温泉共同浴場共通データ」 営業期間:通年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯めぐり③ 蔵王温泉 共同浴場「上湯」

朝風呂二軒目は「上湯」 文字通り坂道の上にある共同浴場です。 先客が2名いたので大人しくはいっていました。 共同浴場3軒の中で一番大きい風呂場。 ここのお湯は熱いわー。 動くと熱さを感じるから動けません。 「蔵王温泉共同浴場共通データ」 営業期間:通年 営業時間:6:00~22:00 入浴料金:大人200円/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯めぐり② 蔵王温泉 共同浴場「川原湯」

朝早く目覚めたのでホテルのフロントから共同浴場の無料券を頂いて湯めぐりに出かけました。 まずは駐車場から近い「川原湯」へ。 以前来たときは誰も来ずに貸切で入ることができましたが、今回もそう。 一人で悠々湯船を使うことができました。 「川原湯」は湯船の下がすのこ状になっていて、温泉が下から湧いてでてきます。 源泉かけ流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯めぐり① タカミヤビレッジホテル樹林

「ハモンドたかみや」さんへ宿泊すると蔵王温泉内のグループホテルの湯めぐりが無料でできます。 酔っぱらう前にお風呂にいこう。 まずは「ホテル樹林」さん、お風呂の評判がいいらしいですよ。 教えてもらった道を進むとずいぶんと勾配がキツい。 アクセルべた踏みで上ったらスキー場が開けてきた。 こちらのホテルはスキー場ゲレンデ内に建っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵王温泉 ホテルハモンドたかみや

かなり前にポンパレでお安いチケットが出ていたので取ってもらっていました。 週末の予約がどんどん埋まってきてるよーって教えてもらって急きょ予約を入れたのでした。 蔵王温泉「ホテルハモンドたかみや」さん、1泊朝食付き2名で7800円+入湯税。 安いっ! お部屋は古くてthe昭和な感じですが、お掃除が行き届いていて快適です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スーパーホテル山形西口天然温泉」

「char」のコンサートの後は山形市へ移動してビジホへチェックイン。 米沢まで戻るのは可能なんですが、翌日にも山形市で済ませる用事があり、 2日連続で往復するのも面倒なので思い切って泊まることにしたのです。 「スーパーホテル山形西口天然温泉」は山形駅西口の再開発エリアに立つ 安価で合理的で大浴場付きのビジネスホテルです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホテルルートイン横浜馬車道」

ランドマークでの懇親会の後は米沢から行ったメンバーみなバラバラに めいめいが予約したホテルへむかいました。 私がとった宿は「ホテルルートイン横浜馬車道」。 駅から徒歩1分とめっちゃ駅近だったし、ホテルルートインは大浴場があるから 自分でお風呂の準備をせずともお湯にはいれるしねー。 大浴場「旅人の湯」は”ラジウム人工温泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野川温泉「やな川屋旅館」

小野川温泉「やな川屋旅館」さんに3度目の素泊りです。 小野川温泉ほたる祭りのイベントが温泉街で開催されるので、 それにあわせて宿を予約して、浴衣姿でお祭り&ほたるを楽しむ計画なのです。 宿のおかみは既に私たちの顔を覚えてくれているようです。 通されたお部屋は一昨年と同じ2F自炊練の一番奥の角部屋で昔サイズに小さな畳で 4畳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野地温泉

実弟からの「白濁した温泉に浸かりたい!」というリクエストで野地温泉に行ってきました。 こちらは男女内湯の他に男女時間入れ替え制で「天狗の湯」「千寿の湯」「鬼面の湯」という 3つの個性的なお風呂があります。 宿に着いたのが12時40分、男女入れ替えまで20分だったので急いで「 天狗の湯」へ。 お風呂で一緒になった方が言うにはこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらんぼ東根温泉「松の湯」

高橋商店でニボニボなラーメンを食べた後、産直よってけぽぽらでお買いものをしてから、 さくらんぼ東根温泉にむかい「松の湯」さんで温泉入浴を。 初めてきたと話すと、とても感じのいい女将さんがお風呂場まで案内してくれました。 浴室に入ると鳴子温泉でかいだことのある”アブラ臭”を強く感じました。 アブラ臭のなかに硫黄臭も感じます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「いいざか花ももの湯」

ねぃさんの提案で隣県福島の飯坂温泉「いいざか花ももの湯」へ行ってきました。 テレビでCMが流れているのをみて行ってみたかった場所でしたが日帰り施設だとは知りませんでした。 ランチバイキングセット(2,980円)で入館料+ランチバイキング+タオル・バスタオル+浴衣付きですが、 じゃらんのクーポン券利用で更にお安かったようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アクアリゾート鷹山の湯」

かなりひさしぶりに「鷹山の湯」にきました。 3/3生まれの弟へのプレゼント用に「鷹山の湯」の回数券を買うためと、 ここにくる直前の1,000円カットで発生した細い毛を流すためにお風呂に入りに。 ひさしぶりに来たけど、、土日祝って550円なんだー値上がりしちゃったねー。 アキュアセラピーなる、足の古くなった皮膚や角質を魚に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小野川保養センター」

1月のある日曜日にむしょうに小野川のお湯に浸かりたくなり行ってみました。 小野川温泉吾妻荘の別館の温泉保養所にお初。 昨年小野川温泉の開湯1181年イベントに来たときにこちらに寄ったのですが、 玄関で何度も「ごめんくださーい!ごめんくださーい!ごめんくださーい!」と呼びかけても、 誰も出てこず、あきらめて別な旅館に行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more