ただただしょっぱい

本日、鼻から胃カメラ体験。
会社の健康診断の二次検診です。

朝イチで胃カメラ。
処置室で胃の中の泡を消す薬を渡されて飲む。
透明で水のような、飲むとしょっぱいし苦い、ニガリみたいな味

次は鼻から入れる麻酔薬、喉に流れ落ちたら飲んで下さいと。
これもしょっぱい…
しばらくしたら喉の奥の感覚が変になってきた。

と、思ったら内視鏡検査室へ移動。

初めての鼻から内視鏡、喉を通過するまではちっと痛いし嗚咽してしまう。

喉さえ通り抜ければ余裕がでてきます、モニターをガン見。
モニターに映し出された自分の胃の中はきれいなピンクじゃないですか。
胃壁のヒダヒダの感じが焼肉屋のホルモン(内臓肉)みたいだなーと余裕かましていたら、
先生が看護師さんに何か持ってくるように指示を出したと思ったら
内視鏡の管から何かを入れ始める。

!?
先週何も異常なかったら観るだけで終わりって言ってたけど、なにか異常あった?

胃壁をつまんで肉片を採取!採取!採取!また採取。  
結局、計4ヶ所の細胞片を採取しました。

胃の中にはポリープがあったけど良性で間違いなし。
念のため胃壁の細胞片を採取してピロリ菌がいないかどうか検査するんだって。
先にいってよー!おっかないからぁ。

(2019.03.23)

この記事へのコメント